【岐阜県多治見市の司法書士・経営コンサルタント・土地家屋調査士・行政書士・社会保険労務士 お気軽に無料相談をどうぞ!】

経営・法律について無料相談受付中。お気軽にどうぞ! CPS総合法務事務所グループ トップページ
 

裁判 不動産登記 会社登記 行政手続 経営支援 国際経営支援 相続・遺言 法的文書作成 無料相談受付 便利箱

法律豆知識!月刊CPSバックナンバーはこちら!
月刊CPS バックナンバーはこちら!
2020年12月15日発行 第222号

否定神学が教えてくれること

 欲張りな性格で、大学に入学した頃から、どうしたらおもしろい人生を送ることができるのかをずっと考えてきました。大学では専攻とは異なる哲学や思想を主に学び、社会人となってからは法律、経営、経済、政治などを学び、同時に学んだことの実践、試行錯誤を続けてきました。その間にさまざまな出会いがあり、多くの先輩から教えを受けました。そのおかげで、まあまあおもしろい人生を送ってきたと思っています。
 そして、自分なりにおもしろい人生を送る秘訣がわかってきたので、これを次世代の人たちに伝えたい(恩送り)と思うようになり、10年前に多治見元気大学を設立しました。「多治見から世界を変える!迷い道から直線道路に!」を標榜して、毎月1回、まなびパークで開催しています。
 今月はスイスの作家、実業家であるロルフ・ドベリの「Think Clearly」を参考書として、「否定神学」なるものを学びました。これは、神でないものを特定し、除外していくことで神を語ろうとする否定の論理です。「神が何であるか」を言い表すことはできないが、「神が何でないか」は明確にできることから構築される論理です。
同様に、「よい人生を保証するものは何であるか」を言い表すことはできないが、「よい人生の妨げになるものは何か」なら特定でき、それらを避ければよい人生に近づくことができると、ロルフ・ドベリは主張しています。
 確かに、何がよい人生の妨げになるのかは明確に言うことができると思います。アルコール依存、麻薬、失業、不安定な結婚生活、貧困、借金、経済的依存、自分への過度な期待、怒り、嫉妬、被害者意識、愚痴など、これらを避ければ人生はうまくいきそうです。
 以前テニスをやっていましたが、勝つよりも「ミスを避ける」負けない試合をすることを心がけたら、うまくいったことがありました。人生においても、究極の幸せを求めるよりも「不幸になることを避けること」でよい人生に近づくことができそうです。これは一例ですが、多治見元気大学では、20歳から65歳までの学生が、こんなことを議論しながら学んでいます。気軽に門を叩いてください。

CPS総合法務事務所
所長 加藤健治

相続・遺言 無料相談受付中!!(要予約)
<会場> 多治見市大日町86番地  CPS法務総合事務所 応接室
予約のお申し込みは、当事務所(0572-25-4102)まで
 
経営・法律について無料相談受付中。お気軽にどうぞ!

労働者のメンタルヘルスと経営者の責任

 メンタルヘルスに関する情報が積極的に職員から申告されないまま,うつ病などにり患した場合でも,会社(企業側)の責任があるのか?について,引続き考えたいと思います。
 企業には,職員が安全に働ける環境を整備する「安全配慮義務」があるとされています。そして,職員の健康に関わる労働環境等に十分な注意を払うべきことも「安全配慮義務」として求められる,と判例で指摘されています。
 この点が問題となった事案では,加重な業務によって病気になったとしても,職員が具体的な症状を申告しなければ,ケアをしきれないので,申告しない場合には,企業の責任も軽減されるのでは?という点を企業側として問題にしていました。
 しかし,最高裁は,(当該情報は)「自己のプライバシーに属する情報であり,人事考課等に影響し得る事柄として通常は職場において知られることなく就労を継続しようとすることが想定される性質の情報」とし,「使用者は,必ずしも労働者からの申告がなくても,その健康に関わる労働環境等に十分な注意を払うべき安全配慮義務を負っている」として,職員が神経科の病院への通院,その診断にかかる病名,神経症に適応のある薬剤の処方等について申告しなかったことによる責任の軽減(過失相殺)を認めませんでした。
 メンタルヘルスに関する情報は「労働者本人からの積極的な申告が期待し難い」ことを前提に,企業の経営者の方が積極的に職員の言動,会議への欠席,欠勤,労働時間,労働環境や心身の健康状態を把握して,必要に応じて措置をしなければならない,ということになりそうです。
 それでは,企業は職員のメンタルヘルスをどのように把握したらいいのでしょうか?
また,次回以降に引続きお伝えしたいと思います。
本年も1年間ありがとうございました。

多治見ききょう法律事務所 弁護士 木下貴子

 

経営・法律について無料相談受付中。お気軽にどうぞ!

 

葉隠(はがくれ)

 先月、仕事で九州への出張の際、佐賀県佐賀市金立町にある葉隠発祥の地まで行って参りました。葉隠と言えば有名な一節に「武士道といふは死ぬ事と見付けたり」があります。戦時中に軍部のスローガンとして濫用されたため、現在はあまり良い評価を受けていないように思います。この古典は1700年頃、佐賀藩主鍋島光茂公に仕えた山本常朝(つねとも)が武士の心得を口述して同藩士の田代陣基(つらもと)がそれを筆録してまとめた全11巻からなるものです。
 私は若い頃、三島由紀夫先生の「葉隠入門」を読んで、あまりの難しさに挫折したことを覚えています。それから様々な葉隠の解説書を読みあさり、今では新渡戸稲造先生の「武士道」と内村鑑三先生の「代表的日本人」と共に大切な必読書です。折角ですので葉隠の中から一つ選んで私の好きな一節をお伝えしたいと思いますが、原稿数の関係上、次回とさせて頂きます。
 それにしても現地を訪れた際、感じたことは折角の観光地なのに佐賀県や教育委員会は全然PRしていないように思いました、とっても残念です。葉隠は現在に通じる人生訓なのに。                            

土地家屋調査士 奥村忠士

 
■第125回 多治見元気大学■
『Think Clearly』
<日時> 未定
<会場> まなびパーク 学習室501号室(5階)
<受講料> 1,500円
<講師> 加藤健治
 

子どもがいなければ味わえなかった楽しみ

 もうすぐクリスマスですね。
 我が家では、クリスマスイブの夜、寝ている間にサンタさんがやってくるシステムです。娘にはオモチャを、ママには焼き菓子をくれます。サンタさんから娘へのメッセージカードは、毎年誰かに代筆を頼みます(私はよく娘にお手紙を書くので、筆跡でバレないように)。アメリカ・カナダの航空宇宙防衛組織が、イブの日には「サンタ追跡」をしているので(ミサイルを監視する組織がサンタさんを追跡するなんて素敵!)、スマホでサンタさんの位置を調べて「ママ、早く寝なきゃ!サンタさん来ちゃう!」なんて大騒ぎしながら、リビングにサンタさん用の手作りケーキとウイスキーを置いてベッドに入ります。サンタさんは、ケーキを食べウイスキーを呑み、汚れた食器をそのままにして、紙ナプキンに英語の筆記体でお礼のメッセージを書いて(英語ならバレない)、プレゼントを置きます。クリスマスの朝は、一旦起きて玄関の鍵を開けてからベッドに戻り、娘に起こされて一緒にリビングに行き、2人で「サンタさん来た〜!ケーキ食べてくれてる!」と喜びます。
 ついに、先日娘から「ねぇ、お母さんってサンタさんなの?」と聞かれてしまいました。「いや、お母さんは行政書士だよ」と返しても、まだ「〇〇ちゃんの家はお父さんがサンタさんなんだって」などと言い続けているので、「家によって違うんじゃない?」ということでその日の会話は着地しましたが、こんなクリスマスが過ごせるのも今年で最後かもしれませんね。私の実家はあまりクリスマスを祝う文化がなく、娘と2人暮らしになってからクリスマスがこのような形になって、クリスマスがこんなに楽しいものだと知りました。何年も楽しませてくれた娘に感謝。あの子のママでよかった。

エール行政書士事務所 行政書士 鈴木亜紀子

 

多治見市大日町86番地
CPS総合法務事務所
株式会社CPS総研
東濃相続サポートセンター
TEL0572-25-4102
FAX0572-25-4192
HP http://cpsken.jp


 

 

ページトップへ
Copy right 2004 CPS Legal Office. All Rights Reserved.