司法書士柳生唱一の得する付録

2014年5月15日発行 第17号

成年後見制度の種類〜後見人だけではありません

  成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などで判断能力が不十分になった人が、判断能力が低下したことで不利益を被らないように、家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を選んでもらう制度ですが、本人の判断能力の程度などにより「後見」「保佐」「補助」の3つに分けられます。
  「後見」の対象となるのは、自分の財産を管理したり処分したりすることが全くできない人です。具体的には、重度の知的障害者・精神障害者・認知症の高齢者などで、常に判断能力がなく、自分だけで物事を決定することが難しく、日常的な買い物も1人ではできない人ということになります。
  「保佐」の対象となるのは、簡単な契約はできるが、重要な財産(土地や車など高額な物)を管理したり処分したりするには、常に援助が必要な人です。具体的には、知的・精神的障害のある人、認知症がある程度進行している高齢者など、判断能力が著しく不十分で、日常的な買い物くらいは自分でできるが、重要な契約などは無理という人が該当します。
  「補助」の対象となるのは、判断能力が不十分ながら自分で契約などができるが、誰かに手伝ってもらったり代わってもらうほうがよいと思われるような人(軽度の知的障害者・精神障害者・初期の認知症状態にある人)などです。
  成年後見制度においては、家庭裁判所によって選ばれた本人を支援する人(成年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などをしたり、本人が自分で契約をするときに同意を与えたり、本人が支援する人の同意を得ないでした不利益な契約を後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。
  いずれの制度も、判断能力が不十分となった人たちの人権や利益を守るために用意されたものです。

加藤・柳生法務総合事務所
司法書士 柳生唱一


経営・法律について無料相談受付中。お気軽にどうぞ!

 その他の付録

第17号 2014.5.15発行
    ■成年後見制度の種類〜後見人だけではありません

第16号 2014.4.15発行
    ■高齢者になる前に〜後見人って自分で選べるの?

第15号 2014.3.15発行
    ■認知症の父が高額な布団を買ってしまった。

第14号 2014.2.15発行
    ■遺言を残したい〜公正証書にしたほうがいいの?

第13号 2014.1.15発行
    ■養子の子供〜代襲相続権はあるのか?

第12号 2013.12.15発行
    ■夫が若くして亡くなった〜未成年の子供は、遺産分割の協議をすることができるの?

第11号 2013.11.15発行
    ■亡き父に尽くして尽くして尽くした長男夫婦〜相続分は増えないの?

第10号 2013.10.15発行
    ■自宅の土地・建物の相続手続き〜他の財産は一切無いんだけど、どうしたらいいの?

第9号 2013.9.15発行
    ■高齢の父が亡くなった〜認知症の母の相続手続はどうすればいいの?

第8号 2013.8.15発行
    ■孫が祖父の養子になっていた〜相続分はどれだけ?

第7号 2013.7.15発行
    ■叔父の借金〜支払う義務はあるの??

第6号 2013.6.15発行
    ■夫と義父が同時に亡くなった〜相続人はだれ?

第5号 2013.5.15発行
    ■遺産分割したいんだけど・・・〜行方不明の子供は、誰がハンコを押すの?

第4号 2013.4.15発行
    ■相続放棄したんだけど。〜生命保険金は誰が受け取るの?

第3号 2013.3.15発行
    ■借金まみれの父が亡くなった。〜相続人になりたくない!

第2号 2013.2.15発行
    ■遺言が発見されたら。〜開封するのチョット待った!

第1号 2013.1.15発行
    ■子供がいない夫婦の夫が亡くなったら?〜ちょっと面倒かも?